大規模アップデート物語 第2話 「ヴェネツィアの聖女」

オデッサから、むなしく引き上げることになったNightwind。
ある希望を胸に、ヴェネツィアへと戻ることに。

途中、アムステルダムに女盗賊がいることを聞き、
発掘活動等の支援をしてもらうため、後刻、雇用交渉に出かけることを決めます。

しかし、

途中立ち寄ったアテネで、たおやかななヴェネツィア女性が!
その女司祭フィオーレを、ためらうことなく口説き落とし、船医として迎えます。
これで、男ばかりのむさくるしい船に、花が添えられるというもの。
女盗賊のほうも、もう1人くらい雇う余裕はあるはずですし、問題はないはず。

かくして、
心豊かな船旅ははじまり、
やがて、船はヴェネツィアへ。

ついでに、ほかに優秀な人物でもいないかと、酒場マスターに聞いてみようと、

え?

「2人目の副官を雇うには自分のいずれかのレベルが40、副官のいずれかのレベルが20必要です」

あれ?

不慣れな航海者を、2人も面倒見るほどの余裕はないということでしょうか…。

むむ…

…発掘支援は、遠くなりました。
[PR]
by Raspberry_UO | 2006-02-26 07:22 | 大航海時代/Nightwind
<< 大規模アップデート物語 第3話... 大規模アップデート物語 第1話... >>