風雲急?

キリングリュー伯爵の命によりライザが沈めた「不審船」は、ネーデルランド独立運動の士「海の旅団」の輸送船だった!
詰め寄るフレデリク、疲労と心痛から倒れるライザ。
Rasは、ライザのため、アムステルダムへと急ぐのだった。


ジブラルタルへの往復は、単なるお手伝い(戦闘は見てただけ)だったので、のんびりと、依頼や交易(&料理修行)をこなしながらの旅だったわけですが、アムステルダム行き、盛り上がってます。
国のためではなく、ライザ個人のため! お手伝いではなく、主役!


アムステルダムで待つものは、いったい何か?
うわさの、8章なのか?
(個人的に)盛り上がりつつ、以下次回。
[PR]
by Raspberry_UO | 2005-04-01 15:32 | 大航海時代/Ras
<< 渦中 出直し >>